ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし

ギムナジウム(高校)の一教師として、一母として、一日本人としてのつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Er ist banane.

Er ist banane.
(英:He is bananas)
(日:彼は頭がおかしくなっている。)

大文字のBanana(名詞)ではなく、小文字で形容詞として使
うようです。

私の辞書には載っていませんが、夫と友人が出典です。

英語では、go bananas(頭がおかしくなる)という使い方もある
と、とある言語学者から習いました。

バナナは、外が黄色くて中が白いことから、米国のことしか知ら
ない東洋系の米国人のことを指すそうです。この米語の意味
が、ドイツにも入ってきたのかもしれません。

ところで、格安国際電話プリペイドカードに「go bananas」と
いうのがありますが、これが本当に割安で大人気です。

なぜこんなネーミングなのか、「頭がおかしくなる」ほど安い、
ということなのかどうか、気になって仕方がないのは、私だけで
しょうか。

・日記
バナナは息子の好物です。一日一本、食べてます。

ドイツにはむしパンなどないので、砂糖の代わりにバナナを甘
味にして、手抜きレンジむしパンを作っていますが、これも大
好物です。黒ゴマやひじきを入れても平気で食べます。

所変わると、食も変わるので、ドイツでの離乳食作りは、いろ
いろ工夫させられています。

スポンサーサイト
別窓 | ドイツ語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。