ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし

ギムナジウム(高校)の一教師として、一母として、一日本人としてのつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

生徒達の「2010年の抱負」-個人化作文

1月が終わる前に、新年の授業の様子でも。

クリスマス休暇明けは、お正月明け。わたしは授業で、その年の抱負を書かせることにしています。今年は、日本語の勉強の抱負と一般的な抱負という内容で、各学年に以下の項目を指定。
 11年生:頻度(毎日、毎週、週に1回)や(5つ、1時間)の表現
 12年生:願望(~たいです)
 13年生:目的表現(~ために‥、~ように‥)

これは、川口義一先生の提唱してらっしゃる「個人化作文」という方法でもあります。人に働きかけるコミュニケーション表現だけではなく、「語る表現」も大事だという考えにもとづいています。トピックをうまく設定すれば、「文型練習のための練習」と違い、文型を自然に使うことができます。


ほんとうは筆で書かせたいところですが、人数が多いのでカラー筆ペンで。「筆」らしくかける生徒は小数ですが。

今年の抱負を問われた13年生は「抱負なんかないよぉ」「思いつかないなぁ」「べつに。。。」。「高校最後の年なんだから、何か目標持とうよ!」とワタクシ。過去を振り返ったり、将来に向かっての目標を定めたり、節目節目の「内省」をする習慣が、ドイツの人にはあまりないんですよね。。。とひとりシンミリ。

↓11年生
IMG_7044_convert_20100120061822.jpg IMG_7045_convert_20100120061654.jpg

↓12年生
IMG_7018_convert_20100120061152.jpg

↓13年生
IMG_7036_convert_20100120060443.jpg





別窓 | 教師のつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<おいしかったブタペスト | ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし | 夫婦で外泊。そのとき、子供は??>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。