ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし

ギムナジウム(高校)の一教師として、一母として、一日本人としてのつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ギムナジウム(高校)の教員になって驚いたこと-3

ギムナジウム(高校)の教員になって驚いたこと-2 の続きです。

5.運動場や図書室がないこと
日本の街を歩いていると、学校は「ああ、学校だ」と一目で分かります。校舎に運動場に体育館。これは、「学校」の備えるべき施設として、その面積まで学校設置基準法で決まっているからんなんですね。いかに法律の国ドイツといえでも、どうやらその規定はなさそう。だって、そこが学校だってこと、よく気をつけなければわかりませんですもの。ウチの学校はこんな感じです↓。Steinbart

まあ、生徒がいる学期中ならああ学校かと分かりそうですが、町中の学校だと校舎すらほかのオフィスビルと区別がつかない場合も。また、校舎内には保健室や図書室もありませんから、保健室の先生も当然いません。担任も常時いるわけじゃなく保健室の先生もいないとなったら、生徒が怪我や病気をしたときどうするのか?訓練を受けた生徒が保健委員が、放送で呼び出され駆けつけることになっています。生徒を大人扱いしているというか、これでうまくいっているところが、スバラシイ。

そういえば、ドイツは大学も「器」の規定がゆるいようです。かのハイデルブルク大学を見学したときも、町中にセミナーハウスが点在していて、日本の「大学」のイメージと違うのに驚きました。かつてワタクシが勤めていた日本の田舎の私立大学で、ビルを借りて社会人向けの「駅前大学」を開講しようとしたら、「設置基準」上の理由で許可が降りませんでした。まあ、いまはサテライト講義などもはやっているようですから、少しはゆるくなっているのかもしれませんが、大学も、校舎や敷地、体育館、図書館などの施設が規定されているんですね。

スーツにしろ校舎にしろ、「形から入る」のが日本?なんでしょうかね。。。。




別窓 | 教師のつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<☆ママ、よっきぃといっしょに食べたこと、知ってる? | ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし | 職員会議デビュー>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。