ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし

ギムナジウム(高校)の一教師として、一母として、一日本人としてのつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

年神様と鏡餅

写真は、我が家のなんちゃって鏡餅となんちゃって正月飾り(というか、クリスマス飾りそのまんまですが)。鏡餅の上にみかんと、そのまた上に「みかんのお帽子」を載せ、七福神を並べたのはよっきぃ。

夫が「1月6日のHeilige Drei Koenige(東方三賢人の日)までクリスマス飾りをそのままにしておく」というので、お正月コーナーの反対側にクリスマスコーナーが並存することに。


元旦に起きるなり、よっきぃは「お正月~♪」「年神様は来たかなあ?」。

わたし 「鏡餅のところに座ってるんじゃないの?」
よっきぃ「いないよ。」
わたし 「年神様は普通は見えないんだよ」
よっきぃ「手で触ってみてもなにもいないみたい」
わたし 「神様は姿をかくしてるもんだからねえ。。。」

私の実家がキリスト教だったからか、私の子供時代の生活の中には年神様の話題など入り込む隙もなかったので、こういう会話はとても新鮮。

そして、いつまでこのような会話が続くのか、そちらも興味津々です。

ところで我が家の鏡餅はミキサーとレンジで作った、なんちゃって鏡餅。
年末に友達からせっかくお餅をついていただいたのに、餅が大好物のよっきぃは「出来立てのお餅はおいしいねえ」ぺろりとたいらげてしまいました。

それならば、、、と母は奮起。もち米もあるし、文明の利器を使えば餅くらいできるのでは、、、と検索したら、出てきました。

1.もち米を1晩水につける。
2.もち米と、1合につき80cc程度の水をミキサーに入れて1分ほど混ぜる。
3.耐熱容器に入れて、レンジで3分程度温める。(できれば途中ひっくり返す)。
参考: もち(電子レンジとミキサー使用で)

ミキサーによっては、1合以上入れると攪拌がうまくいかないそう。

我が家では、1回目のトライでは水を40cc使いましたが、もち米がうまく砕けずざらざらのお餅に。やはり80ccくらいが適量のようです。

よっきぃは「このおもちはまだお米が残っててくさ~い(←仰るとおり)。
でも食べられるからいいよ(←お情け~)。」

2合目からはそれなりにおいしくできました。でも、これで、餅つき機能つきHBを買う理由が一つ減ってしまった。。。。。も少し悩んでみることにします。
別窓 | 母のつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ブログ日記始めます。 | ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし | ☆だれがいちばん強いは、メダルをもらえるんだよ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。