ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし

ギムナジウム(高校)の一教師として、一母として、一日本人としてのつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

☆ママが話すとき、よっきぃの頭はドイツ語がわからないの。

先日、学校で定年退職する教員の送別会がありました。その際に、私はドイツ人同僚とちょっとした出し物を(もちろんドイツ語で)しました。時間の都合で、よっきぃも同席しまして、以下の会話。

わたくし「ママ、ドイツ語ちゃんと話せてた?」
よっきぃ「うーーーーん、、、、、」
わたくし「(えっ、やっぱ、ひどかったかぁ。)」
よっきぃ「よっきぃはねぇ、ママが話すとき、ドイツ語はわからないんだよ」
わたくし「(そこまで、ひどうございましたか。。。)どういうこと?」
よっきぃ「ママが話すときは、よっきぃはドイツ語が頭の中に入らないんだよ。よぅく考えないと、意味が分からないの。」

要するに、通常日本語モードの人間が突然ドイツ語で話すと、言語の切り替えがうまくできないんですね。(ワタクシのドイツ語のレベルの件は、この際無視~)。バイリンガルの子供の頭の中が、一瞬垣間見えたような気がします。

よっきぃは、1歳で言葉を発し始めた瞬間から、「人(しかも外見)による言葉の使い分け」を実行していました。ドアを開けて入ってきたのが日本人だったら「こんにちは」、ドイツ人だったら「Hallo!」。ところが、大学などにいくと日本語のできるドイツ人という人種がやたら多くて、金髪ドイツ人に「こんにちは」と話しかけられると、混乱起こして私の後ろに隠れていました。それからレストランなどで、韓国人や中国人にドイツ語で話しかけられたときも、彼はしばしば思考停止状態に。「ママ、この人、何人なの?」とも言っていました。

別に私が言い聞かせたり訓練したわけでなく、家庭の中でママは日本語パパはドイツ語、と、「人による使い分け」を徹底した結果、「こういう顔の人は日本語で、ああいう顔の人はドイツ語」「○○語を話す人が○○人」と1歳児なりの仮説が立てられたんですね。でも、そのルールを一般化しすぎて(言語学では「過剰般化」といいます)混乱してたのが、1,2歳のころ。(赤ちゃんって、ほんと、思ってる以上に賢いですよね。)


6歳になった今、日本人と似たような顔をした別国の人もいれば、言葉だけで国籍やアイデンティティを規定できないことも、十分分かってきています。幼稚園にもダブル国籍の子供がいっぱいいますし、彼らの国籍と使用言語とアイデンティティ(ボクは○○人)は必ずしも一致してないからです。

それでも、言語の切り替えができないのは、この切り替えスイッチが自動化されているためだと思います。すなわち、「ママ→日本語」というモード切り替えが自動的に起こるので、「ママ→ドイツ語」とモードを切替るには、労を要するといいますか。

ここら辺が、子供の第二言語習得と大人の第二言語習得の違いですね。子供は切り替えスイッチの自動化を解除するのに苦労しますが、大人は切り替えスイッチを自動化するのに苦労しますよね。バイリンガル育児をしている親に「ミックス語」を話してしまう人が多かったり、私も日本語の教室でドイツ語を多用してしまったり。。。。。
じゃあ、いったい何歳くらいまでなら楽に「自動化」が体得できるのか。言語学習の臨界期とか敏感期とか言われる時期と、一致するでしょうね。興味津々であります。


ところで、冒頭の「教員の送別会」は同僚の手作り。スピーチにコーラスにクイズショーと、さながら教員の学芸会。敬虔なカトリック信者の校長先生も、背中に天子の羽をつけてお芝居してました↓(右から2番目が校長)。
送別会

こちらの学校には「教員の人事移動」というのがないので、去っていく先生方も外部から来た「元同僚」などのゲストも、20年以上の学校史に寄与した歴史的人物。「初の女性教員」なる方もいらしてました。ドイツでも「教師には女性が多い」イメージが強かったのですが、それは幼稚園や小学校の話だそう。ギムナジウムというのは(伝統的には)進学校で、保守的な男性社会だったようです。

退職する教員の一言が心にしみます。
「私が就任した当初は、学校には女性教員が1人しかいませんでした。それが、本日は『女性教員コーラス』に見送っていただける。感無量です。」

人事異動がないと、こうやって教員のほうにも愛校心が芽生えて、よい気がします~。
別窓 | こども語録-6歳 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

☆ママの髪、可愛い。

誤用は習得プロセスの鏡☆

突っ込みどころはいろいろとありますが、相手が子供といえども、こう言われると気分がいいので、何も気づかないことにしていました。

しかし、「ママの髪、前がコウなってて(流れてて)、横もコウなってて(?)カワイイ~」。頭におリボンつけてるわけじゃあるまいし、カワイイゆうトシでもないですし、やっぱりこれは間違いですよね。っていうか完全に語彙不足。

ママの髪型/髪、いい感じ

か、どんなにがんばっても

ママの髪型/髪、きれい

でしょうかね。

これを訂正しないのは、よその「おばさん」をいつまでも「おねえさん」と呼ばせている親、孫に「おばあちゃん」のかわりに「○子さん」と呼ばせてるばあば達と、同罪でしょうね。でも、ほめてくれる「気持ち」がありがたいので、しばらく訂正はしないでおきます。うふふふふ。


なによりも、男の子がこうやって「髪型」などをきちんと「言語化してほめる」ということ自体が、やはりドイツっぽいなあと思います(最近の日本男児は違うのかな?)。「ごちそうさま」ですむところを、「ママ、御飯おいしかった。ありがとう。」などといわれると、大げさなやつだ~と思いながらも、悪い気はしませんね。このあたりは、逆に日本人の言語表現を豊かにしてほしいなあ。。。

よっきぃ6歳

別窓 | こども語録-6歳 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

☆よっきぃ、遠くに数えられるよ。

誤用は習得プロセスの鏡☆

ううっ。これって、日本語だと

よっきぃ、ずいぶん(大きい数まで)数えられるよ。


ってとこでしょうか。

ドイツ語の
Ich kann schon weit zählen. 
(直訳:ぼくは、もう遠くまで(weit)数えられる)
からきてることは確かですね。

日本語で言うときは、「もう100までかぞれられるよ」などと具体的な数字で言うことが多い気がして、いい日本語訳が思いつきません。どなたか、お助けを。

ちなみにいくつまで数えられたかというと、、、、、50かな?

(よっきぃ6歳)
別窓 | こども語録-6歳 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

☆ママ、よっきぃといっしょに食べたこと、知ってる?

誤用は習得プロセスの鏡☆

まま、よっきぃと一緒に食べたこと 覚えてる? 

の間違いと思われし。

ドイツ語で
"Weisst du noch ....?"( ..... まだ知ってる?)
という言い方をするからでしょうね。

で、このドイツ語"wissen"は
 知っている
 分かっている
 覚えている
と、最低3つの日本語に対応しています。

なので、ドイツ人には、この3つの日本語の使い分けが
難しいです。特に、「知ってる」と「分かっている」は
よく誤用が見られます。

逆にドイツ語には"kennen"
 知っている
 知り合いである
があります。

なので、日本人には、"wissen"と"kennen"の使い分けが
難しかったりします。

ちなみに、自由学芸堂ドイツ語によると

kennen も wissen も、共に「知っている」という意味になりますが、それぞれの違いを簡潔に述べるならば、 kennen は具体的な「人」や「物」を知っている場合に用い、 wissen は「事柄」について知っている場合に用います。



ふむふむ。

≪よっきぃ6歳≫

別窓 | こども語録-6歳 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

☆ドアを、すごく閉めてね。

誤用は習得プロセスの鏡☆

これは、もちろん、
ドアを しっかり/きちんと 閉めてね。

日本語学習者もこういう「副詞」は弱いことが多いです。それは、意味がつかみにくいからということもありますが、それ以前に、ついついインプットが疎かになりがちだからだと思います。

「何を」「どうする」という文意の中核となる語彙はともかく、「どういうふうに」はなくても何とかなるのでつい後回しになりがち。子供もまったく同じですね。普段から、豊かな言語生活をしなければ。。。。。汗。


≪よっきぃ6歳≫





別窓 | こども語録-6歳 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | ギムナジウム教師ママのドイツ暮らし | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。